シゲ の特徴

【実は、落語の持ちネタは●個なんです】

こんにちは

靴屋楽ちん代表のシゲです

 

趣味の落語の話になると

たまに、聞かれるのですが

「ネタいくつありますか?」に

今回はそれに答えます

 

【実は、落語の持ちネタは●個なんです】

3つ目のネタ「初天神」を演じている私(楽ちん亭おかき)

これは、当然のことなんですが

プロとアマチュアでは歴然とした差があります

プロの噺家は30から多い方で100くらいの持ちネタがあるそうです

 

そして、我々アマチュア(※)は

基本持ちネタは「0~1個」です

では、その理由をお稽古の流れから説明しますね

※趣味として落語を楽しむ一般の中高年者ということ

 

お稽古の仕方・流れ

お稽古風景 手前が桂九雀師匠

私は月に一度お稽古にいきます

毎回20〜30分間、マンツーマンで指導いただきます

 

はじめに、台本を通し読みします。時間が大体10〜15分

次に、師匠からの全体的・部分的なアドバイスをもらいます

最後に、アドバイス頂いたぶぶんをもう一度読んで修正する

 

お稽古中の本人は読むのに必死ですから

もちろん、全部理解できていません

お稽古内容をしっかり録音しておき

あとで、じっくり復習します

 

そして、次回一ヶ月後の稽古までに

自分の課題を練習してお稽古に望みます

このような流れで

ひとつの演目を習得するのに半年から10ヶ月かかります

 

ネタを忘れる理由

このような流れで

新しい演目の習得に集中するために

前回習得した演目は

悲しいかな、忘れてしますのです

 

ですから、持ちネタは1個もしくは

習得中でゼロということになります

 

比べるのが、おこがましいのですが

役者さんが舞台で1ヶ月講演され

終わればセリフを忘れて

次に切り替えるのに似ていますよね

 

プロの噺家

アマチュアが0〜1個であるのに対して

プロは30から多い方で100個そうなので

全く次元が違いますよね

 

先日、年季明けされた

桂九雀師匠のお弟子さんの九ノ一(くのいち)さんは

10月に連続7日間の独演会で

21ネタを一挙披露するという

(1日3ネタで7日間で21ネタ)

神業を平気でされますもんね

九雀師匠の一番弟子「九ノ一」さんの年季明け落語会

最後に

落語の良いところは

老若男女楽しめることだ思います

見るのも良し、自分で演じるのも良し

私も、落語を細く長~く続けていければと思います

昨日より 歩きたくなる わたしがいる

【ネクスト10年を考える 後半】シゲの発表会

こんにちは

靴屋楽ちんマネージャーのシゲです

 

発表会をする流れはこちらから

⇒ネクスト10年を考える前半

シゲの発表会をしました

シゲの発表会 あたたかは雰囲気の中で時は進みました

人生の棚卸 自分の特性を探る

今回、人生後半の10年をどのように取り組んで生きていくのか

やっぱり、人前で発表するからには、しっかり自分自身でまとめておこうと思いました

子供のころから

学生・社会人・起業したて

いろんな時代の記憶をたどり

自分の性格や特性を導き出しました

 

その特性を生かして、自分のやりたいことに取り組みます

左より 祖母 母 私 父 お手伝いさん? 今から50年くらい前 小林呉服店にて

●家族の絆が非常に強い

実家は商店街の呉服店

1階が店で、2階が自宅

家族全員が働いて生計を支えていた

何も力にはなれなかったが

親に迷惑をかけないということで協力する

 

●ボンボン&商人魂の両面を知る

呉服屋は繁盛しており

何不自由なく育てられる

 

祖母が夜遅くまで仕事

父母が休みなく仕事している姿を見て

続きを読む

【ネクスト10年を考える 前半】 きっかけ

こんにちは

靴屋楽ちんマネージャーのシゲです

 

来年で靴屋楽ちん創業20年を迎えます

結構、すぐに経過したような気もするし

20年って長いですよね

私が次の10年を見据えて考える機会を得られた出来事をまとめました

シゲ発表会を聞きに来てくれた素敵な仲間 右より まこっちゃん 尚平くん

きっかけは経営相談

コロナ禍で売上が激減した数ヶ月を経験して

ラヒマワリ社長のコンサルタント高坂尚平くんに

経営相談をしました

 

靴屋楽ちんがこれから運営していくには

どうして行けば良いのか、コロナの対策はあるのか?

などの答えを探したくて相談したのです

 

私の問題

尚平君も当初は短期的な売上対策をアドバイスする予定だったのですが

問題の本質は「私の事業との関わり方」であると指摘されました

 

尚平くん 今まで19年間やってき、しっかり想いや理念もある。

問題は、これから先シゲさんがどう楽ちんと関わって行きたいかやで!

 

シゲ  そんなん、わからへん・・・

 

尚平くん いや、シゲさんの中にすでに答えはあるから

期限を決めてそれを発表する機会をつくろう!

 

それから、考えをまとめるまでに

まこっちゃんとのりぴーには会っておいで(話を聞いてもらう)

 

二人にも相談

まこっちゃんには自分の核となる価値観を導き出してもらいました

まこっちゃん でも人生で大きく喜ぶ・悲しむ・怒るなどの経験があるはず、

それがシゲさんの価値観。価値観が人の感情を揺さぶるんですよ

 

のりぴーには

のりピー 乾杯の挨拶

●自分を認めること 自己肯定感がない(低い)

20年前に起業した時の大きな目標から比べると、現在それを全く達成できてない自分がいる

そのことに対して、不甲斐なさ、実力・能力の無さを思う自分がいた(現在は改善出来ている)

そういう内容の発言をしたことに対しての、のりぴーの発言です

 

●今までの仕事の知識・経験は人生の核

靴屋楽ちんの事業から一歩身を引くという内容の発言に対してのりぴーの発言

のりぴー 人生30代40代の最も大事な期間打ち込んで来た仕事

その知識と経験はシゲさんの核の部分

その仕事をほっておいて他の仕事などあり得ない!

●人間には向き不向きがあること

大会社の社長を目標にしていた私が

個人事業主であること

のりぴー どちらが良い悪いなどないのよ

他人を使うのが上手か自分でやる方が上手なのかだけのこと

 

各人3時間に渡り話を聞いてもらいました

とても貴重な時間でした

 

昨日より歩きたくなる私がいる