こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

お母さん大好き

靴屋楽ちん代表 小林茂(トム)です

 

先日の6月5日に、靴屋楽ちん15周年感謝イベントを開催しました

その時に、今までの歩みをお話させてもらいました

靴屋楽ちん創業のミニ歴史

よく、皆さんに質問されます

「なんで、靴屋になったの?」

特に昔(学生時代からの)からの知り合いは

私が靴屋になったことが不思議なようです

 

それも、そのはず、私は2代目でもないし

友人・知人・親戚にも靴屋関係はひとりもいませんでした

 

子ども時代から将来独立を目指す

話は子供時代にさかのぼります

私の実家は呉服店です(現在、兄が2代目で運営しています)

 

家族全員が働く姿をいつも見ていて

「私も大人になったらお店を持って独立する」

と何の迷いもなく、自然にそう思って育ちました

(30年前) ジュエリー業界1~2年目

はじめに選んだ業界は、

呉服以外で女性が美しく、幸せになるお手伝いが出来るもの

と単純に考えジュエリー業界に就職します

12年間ジュエリー業界で働きました

30代半ばになっていよいよ独立を考えた時に

考えれば考えるほどジュエリー業界での独立はイメージできませんでした

 

どの業界?

では、どんな業界で店を持つ?

●地域・社会に貢献できる

●高齢化社会に対応できる

●知識・技術が蓄積され専門性を生かせる

いろいろと考えました

その中で浮かんできたものが靴屋でした

(一般の靴屋さんではなくて細かく言うと、

コンフォートシューズとオーダーインソールを扱う店)

 

立ち読みの雑誌で知る

きっかけは本屋で立ち読みした1冊の経済誌です

そこにたまたま、西山靴研究所・西山所長の記事が載っていたのです

(のちに私の師匠となる)

 

母を助けるため

 

(31年前) 就職のため博多に引っ越す前日 大学卒業して就職・ひとり暮らし・自活すべてが初めてでした

そして、再びこの質問の答えを考える

「なんで、靴屋になったの?」

創業当時はうまく頭で整理できていなかったのですが

やっぱり最終の答えは

「(靴選びで困っている)母を助けるため」です

 

楽ちん創業前、母は膝痛と足の変形が強く(外反扁平足)て一般の靴では

あまり歩けませんでした

15年以上楽ちんの靴を履いてくれて、今でもなんとか歩けてます

現在 母は今も元気で何とか歩けてます 伏見本店 代表 トム

それぞれのコンセプト

楽ちんには2つの店があります

それぞれ、コンセプトが違います

伏見本店には私(トム)が主に在籍しています

コンセプト「母・母親世代をサポートする」

「足のトラブルになった方に」最適な靴選びをする

50~70代の方が多いですね

もう一つの店、三条店のコンセプトはまた違います

こちらは次回のブログでお話しますね

 

コンセプトが違うそれぞれの店ですが

「足元から女性をサポートする」

という考えは一緒です

 

最後に

15周年感謝イベントのエンドロールをご覧ください

 

行きたい所に行ける靴をあなたに

足元が軽く感じる靴 新色ベージュシルバー(39,000円+税)

 

 

 

 

 



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂)

靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。  ■詳しいプロフィール
靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂)

最新記事 by 靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂) (全て見る)