こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

靴屋楽ちん代表 トム こと 小林 茂です

 

 

【正しい靴】(身体に優しい靴)の特長ついてお話します

 

(上)つまさきが丸く、ゆび先に余裕がある (下)つま先が細め 親ゆび・子ゆびが狭い

①ゆびさきに余裕がある

足先にゆび1本分(1~2センチ)のゆとりが必要です

 

 

img_2738

(上)カカトがかっちりしているので足が安定する (下)カカトがフニャフニャなので、足が安定しない

②かかと(カウンター)がしっかりしている

良い靴には、かかと部分に(カウンター)は硬い芯材が入っています

このカウンター部分で足のかかとをしっかり支えてくれるので

安定した歩行ができるのです

 

 

img_2739

(上)足の曲がるポイント (下)靴底の曲がるポイント が一致することが大事

③足の曲がる位置で靴底が曲がる

ゆびの付けの屈曲する部分が靴底の曲がる部分と同じ

それ以外の部分は曲がらず板のように支えてくれている

 

 

 

img_2734

(左)マジックベルト (右)ひもタイプ が理想です

④やっぱり「ひも」が良い

足を甲面からしっかり包み込み固定させるには「ひも」が一番です

その他、マジックベルトは折り返しのタイプがよい

 

 

その他

●素材は天然皮革がよい

通気性・馴染みやすさ・耐久性など優れています

IMG_1079

●厚み1~2センチのかっちりしたインソールが入っている靴 ●素材は天然皮革です

●足裏の土踏まずに合うインソール入りがより良い

足のアーチを支えるインソールが入っている靴は

安定性・フィット感が優れています

 

まとめ

デザイン(おしゃれ)・価格(安さ)優先で靴選びはしないでくださいね

 

『正しい靴』『身体に優しい靴』の特長、いかがでしたか

私は、靴は単なる「物」ではなく、「身体の一部」といえるほど大切なものと

考えています

 

あなたの行きたい所はどこですか?

自分の足に合わせた靴をみつけてはいかかでしょうか?

 

正しい靴の履き方【動画】



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。伏見本店、三条店の2店舗を運営。  ■詳しいプロフィール