こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

靴屋楽ちん 代表の小林茂(トム)です

【幸せなひとりぼっち】

休日に映画観てきました

はじめにお伝えしたい、かなり名作です

ストーリー

孤独な偏屈じいさんの人生を笑いと涙で温かく包む

頼まれもしないのに地域を見回り、住人に指図するオーヴェは近所の厄介者

しかし家に帰ると亡き妻を思い涙にくれる日々

仕事もクビになり絶望して自殺を図ろうとした矢先に

向かいに引っ越してきた外国人夫婦がオーヴェの郵便受けに車をぶつける

初めは彼らを毛嫌いするオーヴェだったが…。

 

スウェーデンの5人に1人りが観た

観客動員数スェーデン映画史上3位

上映当時スターウォーズ(フォースの覚醒)を押さえ一位となった

映画だそうです

 

無骨で頑固ジジイですが

正義感が強過ぎ少しの妥協もしないため

隣人は近寄りがたくなってくる

しかし、それは、地域の環境をよりよく保つためのブレない強い意志でもありました

 

そんなジジイですが

亡くなった奥さんを本当に強く深く愛していたんです

毎日、ばらの花束をもってお墓に参りにいきます

奥さんとの印象的な出会い・もの

私が最も印象的だったのが、奥さんとの最初の出会い

オーヴェ(現在は太いジジイですが当時はスマートな好青年)が

電車で寝過ごし、ふと目覚めると

目の前に美しく綺麗な女性が・・・

太陽のよう暖かく、ヒマワリのように明るい

まるで伊藤咲子のような女性です(私個人の意見です)

何が印象的かといえば

彼が目覚めてはじめに映像に映った物は

「赤いパンプス」(将来奥さんとなる女性が履いている)でした

新婚時代の奥さん

奥さんの回想シーンが何度もでできますが

何度も「赤いパンプス」がでてきました

太陽のような暖かく、ヒマワリのような明るい彼女が履く靴は

「赤いパンプス」がぴったりだったのでしょうね

こんな方におすすめです

50代以上のミドルエイジ、特に男性

人間関係が不器用でうまくいってない人

正義感強い人

夫婦仲良し・愛しあってる人

 

映画って本当にいいですね〜


行きたいところに行ける靴をあなたに

あなたは誰と観に行きたいですか?



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。伏見本店、三条店の2店舗を運営。  ■詳しいプロフィール