こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

靴屋楽ちん代表 小林茂(トム)です

今年1月沖縄の浜辺を歩いて 人生を振り返る

【52才なって】

私ごとですが今年で52才になりました

一般的には50代の通過点で中途半端な年齢なのですが

私にとっては人生で一番大きな節目の年齢です

昭和53年ごろ 当時中学生の 私(左) と 父(右)

私の父は、私が17才の時に亡くなりました

その当時の父の年齢が52才なのです

身近な人の死に接することにより「命」ということを理解し

「いつかは死を迎える時が来るんだな」と感じた気がします

漠然とですが、「人生には限りあるから、その期間精一杯生きよう」

と思いました

 

当時の17才からみれば35年後の「自分が52才の時」は遠い遠い未来でした

その時に、なぜか、私も「人生は52才まで」と思い生きてきました

しかし、人生長いようでそうでもなく、とうとう52才になってしまいました

 

【父親が残してくれたこと】

父は52才でガンで亡くなりました

一般的に「ガン」は突然死の病気よりも

家族のお互いが準備できる期間があるので

いろいろと対応しやすいと言われています

 

父も発症してから4~5年入退院くりかえしていました

我が家は、自営業で典型的な父・母・祖母の3人の家業でした

父の闘病生活の時は、兄が高校生・私が中学生です

 

もし、父が突然死であったら

家業の運営は続けてられなかったかもしれません

 

しかし、父は「もしも」を考え、事前に準備してくれていました

経理面は兄に指導し、営業は母に伝え、資金的なことも用意してくれていました

残された家族の努力もあり

また、父の用意周到な事前準備により

父がなくなった後も、「普通の生活を続けること」ができました

 

この感謝の気持ちが52才年齢に近づくにつてれ大きくなってきました

そして、同じ年齢になってしまったのです

もし私が父と同じ病気になった時

「自分にこれだけのことができるのだろうか」と考えてしまうのです

父にあらためて感謝したいですね

 

最後に

ありがとうお父さん!

父や祖母にできなかった親孝行を少しでも母にできればと思います

 

私が子供のころ、毎晩熱燗を楽しんでいる父の姿を思いだします

酒好きの父とは一度も酒を酌み交わすことができませんでした

 

そのかわりといっては何ですが、

先日20才の息子と二人で飲みに行くことができました

先日ついに、20才の息子(右)と飲みにいきました

 

 

 

あなたのやりたいことは何ですか?

行きたい所に行ける靴をあなたに!



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。伏見本店、三条店の2店舗を運営。  ■詳しいプロフィール
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

最新記事 by 靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム) (全て見る)