こんにちは

靴屋楽ちん マネージャーのシゲです

 

「佐渡島ロングライド210」

昨日、「佐渡島ロングライド210」の自転車イベントに参加してきました

約4000人が参加する一大イベントです

「佐渡島ロングライド210」とは島一周210キロを自転車で10時間前後かけてはしるイベントです

途中200メートルの起伏のある山(丘)も4つあり練習不足の私には相当きついです

奥さんに、「そんなにしんどいのに何で行くの?」と不思議がられます

自分自身なんでだろうと、イベントの良さをまとめてみました

 

良いところ

●大自然いっぱいの環境

島の周囲が260キロ、海だけでなく、1000メートル級の山もあり、雄大な景色が楽しめる

(上)通称 Z坂  (中)大野亀 (下)南仙峡 実際自転車で走った所です

●島の孤立・独立感がいい

船で2時間以上かけていかなければならないので本当州からは縁遠い立地

本州から気軽に行けないところが島独自の良さを維持していると思う

●遠い距離がいい

京都から佐渡島(自宅から宿泊先)まで11時間かかります。

毎回はるばる、やってきた、気持ちが強く、高揚感が高まる

●島あげてのもてなし感がある

20〜30キロごとにエイドステーションがあり、飲み物・食べ物が提供される

このイベントは今回で13回目、佐渡市長、交通機関、島民みなさんが協力してくれている

新潟の大学生、地元中高生、地元民のボランティアの方の熱心なサポートも嬉しい

沿道の地元民の応援が素朴でいい。→頑張るエネルギーになります

 

(左上)マフィンと饅頭 (右上)きなこもちと塩だいくふく (左下)そばと饅頭 (右下)オニオンスープとパン

(左上)お昼のお弁当[ぶりカツ] お味噌汁 プリン いちご (右上)おこわ (下)くだもの

私の立場から良いところ

●何も考えずに没頭できる

普段考え事をするたちなので、それを振り切るためにちょうどよい

●身体を使い切ることができる

身体を限界までクタクタに動かすことなど普段ないので

この機会は貴重な体験

●初心に戻れる

他の参加者(老若男女)をみると、刺激になり

私もがんばろうと思える

まとめ

おもてなしの心がリピーターを獲得する

他の参加者(全国イベント巡りする)に聞いても、

気持ちが良いので、また来たくなるそうです。

実際、毎年来ている、複数回来ている人が多い

私もそういえば

イベント終わるごとに、「こんなにしんどい事、もうできない」って思っているのですが、

今年もこうして参加しました。もう4回目になります(笑)

こんな所にも佐渡島らしさが たらい舟のデザイン

 

行きたい所に行ける靴をあなたに

あなたの行きたい所はどこですか?

イベント翌日が一番穏やかないい天気 旅のお供はこの靴で

 




〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~18時(月曜定休)

・ホームページ
http://928rakuchin.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂)

靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。  ■詳しいプロフィール
靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂)

最新記事 by 靴屋 楽ちんマネージャー/シゲ(小林 茂) (全て見る)