こんにちは

行きたい所に行ける靴をアドバイスする

お母さん大好き

靴屋楽ちん 代表 トム こと 小林茂です

 

「雨で濡れた」革靴の対処法

梅雨の時期によくお問い合わせいただきます

お気に入りの革靴で外出したら突然の雨が

洋服・足元もびしょ濡れに・・・そんな経験あると思います

どうすればよいのでしょうか?

夕立やゲリラ豪雨で足元がずぶぬれになることも

そんなに神経質になることはありません

意外に思うかもしれませんが、革はわりと水に強いものです

 

大雨の天気予報で履いて行くことはおすすめしませんが

普通の雨なら簡単なケアすれば全く問題ありませんよ

 

 簡単3つのポイント (スムース革の場合)

 

①表面の水滴をふき取る

IMG_1076

乾いたタオルで表面の水滴をとってください

新聞紙を使用する時の注意

水濡れが強いときは、最初の60分だけ、新聞紙(キッチンペーパー)を靴中に入れて水分を吸収させます

あとは、かならず新聞紙を取り出して何も入れないこと

 

※新聞紙を入れそのまま放置すると、逆に湿った状態が続くのでよくありません

 

②通気性の良いところで乾燥させる

IMG_1079

通気性の良い所で自然乾燥させる  楽ちんの中敷き取り外しできるタイプならより乾燥させやすい

あくまでも自然乾燥を心がけて下さい

はやく乾燥させたいからといって、熱風ドライヤーは絶対ダメです

ひび割れの原因になりますから注意してください

 

③栄養クリームをぬる

IMG_1073

クリームを塗ります(革に栄養与えます)

雨の水分で革本来の油分が抜けていますので

乾いたら栄養補給のためクリームを塗ります

 

 

仕上げ より良くするためには

④防水スプレーをかける

汚れ防止にもなります、水の染み込みを少し防ぐことができます

⑤シューキーパーを使う

一連の作業、シューキーパーを入れておくと、履きシワが延ばされ靴型がキープします

 

おすすめケア用品

IMG_1072

お手入れオススメ用品  シューキーパー(4200円+税)、防水スプレー(2200円+税)、靴クリーム(2000円+税)

 

(左)シューキーパーなし    (右)シューキーパーあり

「スーツ・ドレス」を「ハンガー」にかけると同様に「靴」を

「シューキーパー」で型を整えることができるので

特に長時間仕事で使用させる方はおすすめしたいですね

 その他 雨染みができた場合

雨染みは汚れ・汗が表面に浮き出来ている状態です

まず、靴全体を水洗いしましょう(もしくは、濡れタオルで全体を濡らす)

あとは、簡単3つのポイントの手順どおりです

 

 最悪の方法(一番やってはならないこと)

一番やってはらならいこと、濡れたままの状態で放置することです

もうおわかりですよね、放置することは、靴の寿命を縮めることになります

 

じめじめ濡れた状態だとカビの原因になります

型崩れしたままになります

油分が放出されたままになります

 

革靴はたまにお手入れしながら上手に履けば5年以上使用できます

ひと手間をおしまず、「靴」を身体の一部だと思って愛用してみてください

 

今回は、一般的なスムース革についての対処法を案内しました

革の素材によってお手入れ方法がかわりますので

詳しくはスタッフまでお問い合わせください

行きたい所に行ける靴をあなたに!



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。伏見本店、三条店の2店舗を運営。  ■詳しいプロフィール
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

最新記事 by 靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム) (全て見る)