こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

お母さん大好き

靴屋楽ちん代表 小林茂(トム)です

清水さん 『赤い靴』とってもお似合いでした

清水さん 1年3ヶ月ぶりに来店です

2足とも修理(オールソール、底全体の張り替え)になりました

1年3か月で2足の靴がこのように消耗しました

毎日出かけてよく歩かれるそうです

これだけ使って下さると、とても嬉しい気持ちになります

清水さん 「私 これ(楽ちんの靴)しか履いてないのよ~」

 「もう他の靴履けない」

「よう、つこてるでしょ!これしか履いてないもん」

左が新品 右 清水さんの靴 (1年3か月で2足消耗)

赤い靴の魅力

2足修理に出すと、明日から履く靴がなくなるので

代わりの靴を考えられていました

ふと、ある棚の靴に視線が・・・・

「赤い靴」でした

履いてみるとそんなに派手ではないです

私 「今年の限定カラー素適でしょ!」

清水さん「わたしのとし(年齢)だと派手でしょう?」

「似合わない・・・」

「洋服合わせるの難しくない?」

私 「一度履いて雰囲気見てくださいね」

清水さん 「(履いてから)意外といいわね~」

私 「でしょう!」

清水さん 「何か足元軽くなったようね 気持ちも明るくなるわね ♪ 」

「これ(赤い靴)、もらっとくわ~」

 

黒・茶だけでは飽きませんか

よく、こんな言葉も聞きます

「『黒色』・『茶色』でないと洋服を合わせるのが難しい」

「無難な色がいい」

「私には(明るい色)似合わないから」

ベーシックな色は1足は用意したいもの

しかし、『黒・茶』ばかりだと飽きませんか?

ホワイトソール(白色の靴底)にカラフルな色使いの靴がオススメです

トレンドというより、

楽ちんでは「カラーレザーコンフォートシューズ」というアイテムで定番化されています

 

ビビッド(鮮やか)カラーの靴

ビビットカラー勢揃い

『赤』以外にも素適なカラーあります

一度履いてみると意外と思うほど派手でないことがわかります

夏のアウターは白・ベージュなど薄めの色で単調になりがちなので

足元にアクセントをつける意味でもビビットカラーいいですよね

清水さんもウキウキして帰られました

あなたも足元から変えてみませんか

 

今年の限定カラー 42,000円+税

行きたい所に行ける靴をあなたに!

『赤い靴』で足元軽やかに!



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。伏見本店、三条店の2店舗を運営。  ■詳しいプロフィール
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

最新記事 by 靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム) (全て見る)