こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

お母さん大好き&マザコン

靴屋楽ちん代表 小林茂(トム)です

清水さんファミリー 息子さん夫婦とお孫さん

衰えは足元から? 清水さん

私 ご来店のきっかけは?

お嫁さん 「私が(お嫁さんが)この近くに勤めいて、

今まで来たことはなかったけれど

前から靴屋さんあることは知っていたんです」

 

息子さん 「だんだんと歩けへんようになってくるし」

「なんか歩き方が変」

「母の日に足に合う靴にきました」

 

清水さん(お母さん)「膝の手術を受ける予定だったけど、

途中で気が変わって。靴で何とかしようとおもって

つれてきてもらったの」

 

清水さんは、以前はよく歩いていたそうです。それがこの数年、膝が痛くなり、歩けなくなる

今も仕事されてますが、どうしても、膝をかばいながらになるようです

 

約一時間、色・デザインなども迷いながら、最後は履きやすさ最優先で

ひも靴タイプに決まりました

もとは白ひも(左)でしたが緑ひも(右)にかえると、よりおしゃれに! 42,000円+税

清水さん 「(靴を履く)確かに楽やね」

 

息子さん 「そら、全然ちがうでしょ(楽ちんでしょ)」

 

清水さん 「靴ひも替えると印象かわるね」

「こっちの方がオシャレやわ」

 

息子さん「お母さんいつまでも元気でいてね」

「今すぐ、これに替えて、履いて行きや」

 

一見、こわもての息子さんでしたが、お話しすると

とてもお母さん思いの、優しい方でした

お母さんにしっかり「ありがとう」を伝えられて

とても男前でした

 

まわりの人がきづく

足のトラブル・衰えは本人もうすうす感じているのですが

本人は意外と我慢して対応が遅れがちになります

今回のように

普段接しているご家族や友人のほうが

変化に気づいて、対応されるケースが少なくありません

 

あなたのお母さん、以前と同じく元気よく歩けていますか

どこか痛みを我慢しながら歩いていないか

実際に見て、確かめてあげてくださいね

あまりにも仲が良い家族なので、私も入れさせてもらいました

最後に

足が痛くなってはじめて【普通に歩けることの意味】を知るんですね

病気になってはじめて【健康】を知ることと同じです

膝痛みが少しでも楽になることを願っています

いつまでも元気で歩きたいですね

 

足は身体を毎日支えてくれています

足靴が合わない状態が長く続くと、かならず何年後には負担が

どこかにでてくるんですね

足に合う靴を履いて、負担を軽減してくださいね

サンダル27000円+税

お母さんいつまでも元気でいてくださいね

行きたい所に行ける靴をあなたに!

 



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。伏見本店、三条店の2店舗を運営。  ■詳しいプロフィール
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

最新記事 by 靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム) (全て見る)