こんにちは

行きたい所に行ける靴をナビゲートする

靴屋楽ちん代表 小林茂(トム)です

お孫さんのOさん(左)  専門学校の生徒さんが研修生Kとして(右)

仕事の靴は一番大事です

本日のご来店は、顧客のお孫さんのOさん(20才)です

春からホテルの仕事に就いてがんばってる方です

仕事用の靴はパンプスと決められ

そのパンプスが足に合わず苦労されていたそうです

 

自分の孫が靴で苦労している姿を見るに見かねて

本日、連れて来られました

「この子、本当に我慢強い子なんですよ」

「相当にひどくなるまでいつも黙ってるから、悪くなる前につれてきたのよ」

 

Oさんはとても我慢強い性格で

学生時代で制靴(ローファー)が合わなくて

足裏の皮が全部ズルズルになっても

クラブ活動(吹奏楽)を続けるため

合わない靴でも履き続けて学校生活を続けたそうです

 

持ち前の忍耐力で社会人になっても

足に合わない靴を、会社支給の靴だからって無理して履き続ける・・・

そんな部分で我慢する必要ないんですよ

Oさんは、パンプスのコーナーでにらめっこ

黙って立ったままです

じっくり時間待ってから、ききます

「できたら、プレーンパンプス

(ストラップのないシンプルデザイン)がほしいんです」

 

楽ちんにはあえてプレーンパンプス扱いないことを説明して

なんとなく、Oさん納得

ようやく、足形測定をする決心を

 

パンプスの中で足をしっかり固定するためにはストラップが必要

靴のひも・マジックベルトの役目と同じ

かかとの高いヒールなら、前滑りしやすいし・不安定になりやすいので

なおさら、ストラップが必要になってくるのです

測定後、Oさんの足に最も適したパンプスをセレクト

「えっ」

「これがパンプスの履き心地?」

「かかとがつゴソつかなくて歩ける〜」

「本当にラク」

少し不安げな表情だったOさん

みるみる笑顔に変わっていきました

 

 

靴選びの最初はまず、足型測定から

いつもの手順で足型測定様々な状況をききます

●仕事場の環境(立ち仕事・動き多い・・・)

●疲れ・痛み(どの部分・いつ)

●今まで履いていた靴の環境

『プレーンパンプス』(ストラップがない)より 断然履きやすい『ストラップ付パンプス』

そして、試着されたとたん

(今までの靴と比べて)履きやすさを実感され

購入決まりました

 

最後に

仕事で履く靴は一番大事です

Oさんの場合 一日8時間以上ほぼ立ち仕事を

パンプスで過ごすことになります

一年250日×8時間だと実に2000時間

をパンプスで過ごすことになります

 

20才ですから、合わない靴を履き続ける負担は

ある程度は我慢できるかもしれません

しかし、5年・10年・20年後には必ず

その負担が足のトラブルの原因になります

 

今回は、足靴に理解ある楽ちんのお客さまがご家族にいらっしゃったので

Oさんは入社2か月目にしてパンプスを見直す機会に恵まれました

 

足靴の悩みなく、仕事に打ち込んでもらえる環境になったと思います

人生これからです、仕事も遊びも楽しんでくださいね~

 

行きたい所に行ける靴をあなたに!

 



「行きたいところに行ける靴を、あなたに」
伏見本店
〒612-8422
京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階
TEL:075-646-3092
営業時間:10時~19時(月曜定休)
ac01
・靴屋 楽ちん 伏見本店
http://928rakuchin.com/
・靴屋 楽ちん 三条店
http://928rakuchin3.com/
✿お問い合わせ、測定のご予約は
075-646-3092にお電話ください
The following two tabs change content below.
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

「足元から健康になろう!」を想い、2001年京都伏見にてコンフォート靴の店を開業する。「行きたいところに行ける靴をあなたに」をコンセプトに、【ヨーロッパ製の足に優しい靴】と【オーダーインソール】をご提案しています。伏見本店、三条店の2店舗を運営。  ■詳しいプロフィール
靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム)

最新記事 by 靴屋 楽ちん代表/小林 茂(トム) (全て見る)